具体例あり!ピックアップしたキーワードをどう選び抜くか?[キーワード選定後編]

[キーワード選定前編]では

リサーチ×3

キーワードを発掘しました。

 

キーワード選定後編は、

発掘したキーワードを

選び抜く作業を行い、

キーワード選定に磨きをかけていきます!

 

キーワード選定後編

リサーチ

 

まずは、前回発掘した

「プロアクティブ」のキーワードをおさらいです。

 

  • プロアクティブ(商品名)
  • ニキビケア
  • 大人ニキビ
  • スクラブ
  • ニキビ 予防
  • プロアクティブ 電動ブラシ
  • プロアクティブ 口コミ
  • プロアクティブ 効果
  • プロアクティブ お試し
  • PMS ニキビ
  • 生理前 吹き出物
  • 思春期ニキビ
  • 白ニキビ
  • 顎ニキビ
  • プロアクティブ トライアルセット
  • プロアクティブ ブラシ 毛穴
  • フェイスライン ニキビ
  • ファンケル アクネケア
  • ビーグレン
  • ルナメアAC
  • オルビス 薬用クリア
  • アルビオン
  • NOVノブ
  • ノンコメドジェニック
  • アクネ菌ニキビ 皮膚科
  • ニキビ デパコス
  • 10代 ニキビケア
  • 妊娠中 肌荒れ スキンケア
  • ニキビケア ランキング 男

 

この中から

実際に使うキーワードを選定します。

 

選ぶ基準となるのは、

 

  • 呼び込みたいユーザー像「ペルソナ」
  • 競合と検索ボリューム

 

です。

 

ペルソナ設定でターゲットユーザーを明確にしよう

ユーザー・ニーズ・ペルソナ

 

ペルソナとは、

簡単にいうと

 

商品やサービスを利用する・しそうな人をモデル化したもの

 

です。

 

「プロアクディブ」を例にすると、

 

「プロアクディブという商品を必要とする人」

「悩みのニキビを解決したい人」

 

という、ざっくりした

ターゲットユーザーを詳細にモデリングする

ペルソナ設定です。

 

ペルソナ設定をしておくことで、

キーワードが適切に絞れ、

サイト内の矛盾やブレが少なくなります。

 

具体例!プロアクディブでペルソナ

男女

 

ペルソナ設定で一番簡単なのは、

ペルソナ=自分にすることです。

 

あむちゃむの場合だと、

 

<自分ペルソナ>

  • 28歳女性
  • 子なし専業主婦
  • 美容にはあまり興味がないが、肌荒れは気になる
  • 中学生のときに思春期ニキビがひどかった
  • ニキビは一時収まっていたが、24歳ぐらいでニキビ再発
  • 自由に使えるお金は限られている
  • コスパは大事
  • でもアルコールで肌荒れしたことがある
  • 化粧品は添加物が少ない方が良い
  • ご飯はちゃんと自炊派
  • 顆粒だしや「これ一つで簡単調理」的なものは使わない

 

こんな感じです。

 

なんだか自分をさらけ出すの、恥ずかしいですね(^◇^;)

 

ここまで詳細に書き出さなくても良いですが、

下線を引いたところは

「プロアクディブ」をアフィリエイトする上で

必要なサイト構成やキーワード選定の要素になります。

 

特に、

美容関連の商品を売るときには

「美容に興味があるか否か」でも

商品紹介の仕方が大きく変わりますね。

 

 

また、

肌荒れの悩み=女性がターゲット

と思いがちですが、

 

「肌荒れに悩んでいる男性」は

女性がターゲットの場合と比べて

競合が少ないので、

あえてニッチな方を選ぶこともよくあります。

 

<肌荒れに悩む男性のペルソナ>

  • 21歳男性
  • 大学生
  • 高校生のときからニキビに悩んでいる
  • 皮膚科にいくほどではなく、セルフケアしたい
  • 昔は脂性で顔がテッカテカだった
  • でも今は肌がカサついてきた気がする
  • モテる男子はみんな肌がきれいだと気づいた
  • 肌がきれいだったら人生変わっていたと思う
  • 肌荒れが気になるけど、美容の知識ゼロ
  • 男が美容って、なんだか恥ずかしいと思っている
  • 大学生になってからファッションに興味がわいた
  • 好きなファッション雑誌は『men’s FUDGE(メンズファッジ)』

 

こんな感じですかね。

 

このペルソナを元に

キーワードを選定していきます。

 

*** ちょっと蛇足。***

 

ペルソナはサイト設計にも

意外と深く影響を及ぼすのかも、、、

 

(FUDGEが好きな男性向けなら

清潔感の青+ちょっとビビッとな深緑を使ったサイトカラーとか

 

ファッション好きなら

サイトのネタとして

美容+ファッションでも良いかも)

 

とか考えながら記事書きました!

 

うーん、奥が深い(^ω^;)

 

***

 

ペルソナ設定の注意点

チェック・注意点

 

ペルソナを設定する上で、

思い込みや先入観はできるだけ排除してください。

 

イメージだけでは

現実のユーザーとの乖離が起きてしまい、

ユーザーの心に刺さらないサイトになってしまいます。

 

そのためにも、

事前のリサーチが重要になってきます。

 

その他に、口コミやSNS、

インタビュー記事やTwitterアンケートなどを

うまく活用し、データを収集して

より現実味のあるペルソナを設定しましょう。

 

また、ペルソナを設定して

記事を書き溜め、

アクセスが集まってきて

データがとれるようになったら、

 

ペルソナ設定にズレがないか確認し、

調整・修正しましょう。

 

ペルソナを作りっぱなしではなく

更新することで、よりニーズが掴めるようになります。

 

競合と検索ボリュームは「キーワードプランナー」で調査

 

キーワードプランナー

 

まずは「競合」と「検索ボリューム」について。

 

競合=ライバル

検索ボリューム=Google検索で1ヶ月のうち何回キーワードが検索されたか

 

と考えてください。

 

競合と検索ボリュームを調べるには

Googleの「キーワードプランナー」を使います。

 

キーワードプランナーで

競合と検索ボリュームを調べて、

どのキーワードを狙うのかを決めます。

 

競合度合い「低〜中」・検索ボリューム「100〜1万」を選べ!

ハードル

狙うキーワードは

検索ボリュームがあるほど良いような気がしますが、

 

検索ボリューム「1万〜10万」は

競合が強すぎて勝てませんし、

 

割とざっくりしたキーワードが多く、

 

ユーザーの悩みが浅くて分かりづらいため

購買につながりにくいです。

 

アフィリエイトは

商品やサービスの成約・登録を最終目標としています。

 

それなら

商品を必要として

検索してくる人を狙うのが手取り早い。

 

そういう方たちは

2〜3語の複数キーワードを使って

掘り下げてくきます。

 

よって、

 

  • 複数キーワード
  • 検索ボリューム:「100〜1000」「1000〜1万」
  • 競合:「低」〜「中」、できれば「低」

 

のキーワードを選びましょう。

 

 

まずは商品名の「プロアクディブ」を検索すると、

 

キーワードプランナー

 

商品名だけでなく、

ニキビに関するいろんなワードが拾えます。

 

よく調べてみると、

[キーワード前編]で選んだ

 

  • 顎ニキビ

 

は、

 

「あご ニキビ」

「顎 ニキビ」

 

「ひらがな」か「漢字」かで

検索ボリュームと検索結果が変わってきます。

 

キーワードプランナー

 

検索をかけてみると、

 

検索件数

検索件数

 

検索件数(あくまで見積もりですが)が

結構異なります。

 

でも、これだけでは

まだまだ浅いので、

 

  • あご ニキビ 痛い

 

というキーワードを選びました。

 

キーワードプランナー

検索件数

 

競合「低」で

検索ボリューム「1000〜1万」、

検索件数(見積もり)も「約 90,300 件」。

 

よく検索されるけど

ライバルは少なそうです。

 

こういう風に、

少しニッチなキーワードを選んで

購買意欲の高い人を自サイトに集めましょう。

 

 

キーワード選定[後編]まとめ

 

まとめ

 

リサーチでキーワードを抜き出したら

「ペルソナ設定」と「キーワードプランナー」で選定し、

購買意欲の高いユーザーを集めましょう!

 

ちなみに

「プロアクディブ」のアフィリエイト記事を

男性目線で書くとしたら、

 

  • プロアクディブ 口コミ 男
  • ニキビケア  洗顔 ランキング 男
  • あご ニキビ 痛い
  • プロアクディブ オルビス
  • プロアクディブ nov
  • 男 ニキビ セルフケア
  • あご ニキビ ひどい 男
  • あご 髭剃り ニキビ
  • ニキビ 予防 洗顔料
  • プロアクディブ 電動ブラシ

 

上記のキーワードを使って

ひとまず10記事つくりますね。

 

いつもこんな感じでキーワード選定してます!

 

大変ですが、

キーワード選定と商品選定で

稼げるか否かが決まるので、

 

キーワード選定は

時間を惜しまず、しっかり行いましょう。

 

キーワード選定が終わったら

いよいよ記事作成です!

 

それでは、また( ´ ▽ ` )ノ

コメント